Linuxコマンド-usermod


[ 主要コマンド ] -> [ ユーザ管理 ] -> [ usermod ]

説明

usermod - ユーザアカウントを修正する

usermod コマンドは、 コマンドライン上での指定によって、 システムアカウントファイルを修正する。 usermod コマンドに指定できるオプションは次の通り。

書式

usermod [-c comment] [-d home_dir [-m]]
[-e expire_date] [-f inactive_time]
[-g initial_group] [-G group [,...]]
[-l login_name] [-p passwd]
[-s shell] [-u uid [-o]] [-L|-U] login

オプション

-c, --comment COMMENTGECOS フィールドの値を再設定する
-d, --home HOME_DIRユーザアカウントのホームディレクトリを再設定する
-e, --expiredate EXPIRE_DATEアカウント期限切れの日を EXPIRE_DATE にする
-f, --inactive INACTIVEパスワードを期限切れ後に無効化する日数をINACTIVEにする
-g, --gid GROUP主グループを GROUP に変更する
-G, --groups GROUPS新たな補助グループのリストを与える
-a, --appendユーザを (-G で指定された) 補助グループ群 GROUPS に追加する。他のグループからの削除は行わない。
-h, --helpこのヘルプを表示して終了する
-l, --login NEW_LOGINログイン名を変更する
-L, --lockこのユーザアカウントをロックする
-m, --move-home現ホームディレクトリの内容を新たな場所に移動する (-d が指定された場合のみ)
-o, --non-unique一意でないユーザ (UID の重なるユーザ) を許可する
-p, --password PASSWORD新たな暗号化済みパスワードを与える
-R, --root CHROOT_DIRchroot するディレクトリ
-s, --shell SHELLユーザのシェルを新たに SHELL にする
-u, --uid UIDこのユーザの UID を変更する
-U, --unlockこのユーザアカウントのロックを解除する
-Z, --selinux-userこのユーザアカウントへの新規 SELinux
ユーザマッピング

使用例

指定したアカウントのログインshを変更する

# usermod -s /bin/bash foo

指定したアカウントをロック状態に変更する

# usermod -L foo

指定したアカウントをアンロック(ロック解除)に変更する

# usermod -U foo


Last-modified: 2018-06-15 (金) 20:33:14 (151d)