Fedora Core 4 Tomcat(Tomcat4+JDK1.4)


前書き

前述のTomcat(JDK1.5)のインストール方法とは別に、JDK1.4系+Tomcatをインストールする必要がある場合のみ参考にしてください。

必要なファイルは下記のとおりです。(執筆時)

モジュール名バージョンファイル名
JDK1.4.2.12j2sdk-1_4_2_12-linux-i586-rpm.bin
Tomcat4.1.31jakarta-tomcat-4.1.31.tar.gz
jk2_connector2.0.4jakarta-tomcat-connectors-jk2-2.0.4-src.tar.gz

ここで注意が必要なのはJDK1.4系+Tomcatの場合、Tomcatは4系+コネクタはjk2の2系を選択します。

jk2コネクタのインストール

JDK1.4、Tomcat4のインストールは、前述の Tomcat(JDK1.5) を参照ください。
基本的に操作は同じです。

ダウンロードしたファイルを解凍します。

# tar xzf SOURCE/jakarta-tomcat-connectors-jk2-2.0.4-src.tar.gz

解凍したファイルから作業ディレクトリへ移動

cd jakarta-tomcat-connectors-jk2-2.0.4-src/jk/native2/

コンフィグレーションのための設定を行ないます。
buildconf.shというスクリプトが用意されているので、これを実行します。

# ./buildconf.sh

rm autom4te.cache
libtoolize --force --automake --copy
aclocal
automake --copy --add-missing
autoconf
# ./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs
# make

make installは必要ありません。
手動で必要なファイルをApacheのモジュールディレクトリへコピーします。

# cp ../build/jk2/apache2/mod_jk2.so  /usr/local/apache2/modules/.

Apacheの設定ファイルに追記します。

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
LoadModule jk2_module modules/mod_jk2.so

Tomcatへの設定ファイルを用意します。

# vi /usr/local/apache2/conf/workers2.properties
[logger.file:0]
level=ERROR
file=${serverRoot}/logs/jk2.log

[channel.socket:localhost:8009]
host=XXX.XXX.XXX.XXX
[uri:/examples/*]

[status:]
[uri:/jkstatus/*]
group=status:

[shm:]
disabled=1

XXX.XXX.XXX.XXXの箇所はサーバーのIPアドレスに書き換えてください。



Last-modified: 2015-04-23 (木) 18:40:33 (964d)