FC4 MySQL アップデート


アップデート
前書データーベースWebFTPMail
前書き?MySQL
PostgreSQL7系
PostgreSQL8系
apache
PHP
vsftpdPostfix
dovecot

データのバックアップ

データベースのアップデートの際は事前にデータのバックアップをお勧めします。
万が一、アップデートを行って登録されたデータがうまく利用できない場合など復旧に役立ちます。
バックアップの方法は何種類かあます。

  • コマンド(mysqldump)を使って行う方法
  • phpMyAdminなどのMySQL用のWebツールを使って行う方法

などがあります。

ソースファイルの入手・展開

ソースファイルを MySQL公式 から入手
執筆時点で最新版(4.1系列)は4.1.15になります。
これを wget で入手。
rootユーザーではなく一般ユーザーで行います。

$ wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-4.1/mysql-4.1.15.tar.gz/from/http://download.softagency.net/MySQL/

入手したソースファイルを展開します。

$ tar zxf mysql-4.1.15.tar.gz

コンフィグ・コンパイル・インストール

インストール時と同様にコンフィグを行います。

$ cd mysql-4.1.15
$ ./configure --with-charset=ujis \
--with-extra-charsets=all \
--with-mysqld-user=mysql \
--prefix=/usr/local/mysql
MySQL has a Web site at http://www.mysql.com/ which carries details on the
latest release, upcoming features, and other information to make your
work or play with MySQL more productive. There you can also find
information about mailing lists for MySQL discussion.

Remember to check the platform specific part of the reference manual for
hints about installing MySQL on your platform. Also have a look at the
files in the Docs directory.

Thank you for choosing MySQL!

これが表示されればOKです。
特にエラーもなく終了したらmakeします。

$ make

rootに昇格してインストール。

$ su
password:

#make install

MySQLの再起動

現在MySQLを実行中であればrestartさせます。
未実行であればstartさせます。

# /etc/rc.dini.d/mysql restart

  or

# /etc/rc.dini.d/mysql start


Last-modified: 2015-04-23 (木) 18:41:06 (964d)