CentOS 7/NTP


インストール諸設定データーベースWeb(apache)Mailetc
前書き
インストール
SSH(設定変更)
firewalld設定(ファイヤーウォール)
SELinux設定
起動レベル設定
NTP(時刻同期)
パッケージアップデート
リソース割り当て変更
logwatch設定
systemdについて
syslog(journal)について
追加パッケージインストール
MariaDB 5.5
(MySQL代替DB)
MySQL 5.7
Redis
mongoDB
apache 2.4
-httpd.conf
-Virtual Host
-mod_spdy
-mod_fcgid
Postfix 2.10
dovecot 2.2
VirtualBox
samba
Munin
ClamAV
rsyncによるバックアップ
Git
svn
memcached
Fluentd(td-agent)
DNSSSLPHPWeb(nginx)FTP
bind(内向け用)
Unbound
NSD
秘密鍵・証明書作成PHP 5.4
 -php-apc
 -ffmpeg
 -memcached
PHP 5.6
 -php-apcu
 -memcached
PHP 7.0
 -php-apcu
 -memcached
PHP 7.1
 -php-apcu
 -memcached
nginx
-インストール(rpm)
-インストール(ソース)
-Webサーバー設定
-リバースプロキシサーバー設定
-ラウンドロビン設定
vsftpd 3.0.2

インストール

時刻同期で使われる NTP(Network Time Protocol) をインストールします。
すでにインストール済みか、下記のコマンドで確認してください。

# rpm -qa | grep ntp

インストール済みであれば下記のような表示が返ってくるはずです。

ntp-4.2.6p5-18.el7.centos.x86_64.rpm


インストールされていない場合は下記のコマンドでインストールします。

# yum install ntp


ntpd の起動

自動時刻同期のサービスは ntpd が行います。
ただし、サーバーの現在時刻が大幅にずれていると、この ntpd で時刻修正ができません。
まず一番始めは手動で合わせるのがいいでしょう。
ntpd の動作を確認します。

# ps ax | grep ntpd

このような表示が返ってきたら、現在 ntpd が動いていますので停止させます。

 5169 pts/0    S+     0:00 grep ntpd
32649 ?        SLs    0:00 ntpd -u ntp:ntp -p /var/run/ntpd.pid

ntpd のサービス停止

# systemctl stop ntpd.service

手動で国内の NTP サーバーを使って同期させます。
下記のどちらか一方で構いません。

# ntpdate clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
# ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp

下記のような表示が返ってきます。

30 Jul 03:05:02 ntpdate[13178]: adjust time server 133.100.8.2 offset 0.007708 sec

もし下記のような the NTP socket is in use が返ってきたら ntpd が動いていて正常実行ができなかったことを意味します。

30 Jul 03:05:49 ntpdate[13185]: the NTP socket is in use, exiting

これでサーバーの時刻が同期されましたので ntpd を実行させます。

# systemctl start ntpd.service


ログの確認

ログを調べて正常に稼働しているか確認します。

# journalctl | grep ntpd

または

# cat /var/log/messages

下記のようなログを確認します。

Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13151]: ntpd 4.2.6p5@1.2349-o Wed Jun 18 21:20:36 UTC 2014 (1)
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: proto: precision = 0.040 usec
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: 0.0.0.0 c01d 0d kern kernel time sync enabled
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: Listen and drop on 0 v4wildcard 0.0.0.0 UDP 123
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: Listen and drop on 1 v6wildcard :: UDP 123
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: Listen normally on 2 lo 127.0.0.1 UDP 123
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: Listen normally on 3 eno16777736 XXX.XXX.XXX.XXX UDP 123
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: Listen normally on 4 eno16777736 ******** UDP 123
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: Listen normally on 5 lo ::1 UDP 123
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: Listen normally on 6 eno16777736 ******** UDP 123
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: Listening on routing socket on fd #23 for interface updates
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) systemd: Started Network Time Service.
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: 0.0.0.0 c016 06 restart
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: 0.0.0.0 c012 02 freq_set kernel 0.000 PPM
Jul 30 03:00:36 (サーバー名) ntpd[13152]: 0.0.0.0 c011 01 freq_not_set
Jul 30 03:00:37 (サーバー名) ntpd[13152]: 0.0.0.0 c614 04 freq_mode

※一部伏せ字にしてあります。

しばらくログをチェックしていると自動同期するログが現れます。

Jul 30 03:23:43 (サーバー名) ntpd[13184]: 0.0.0.0 0612 02 freq_set kernel 18.288 PPM
Jul 30 03:23:43 (サーバー名) ntpd[13184]: 0.0.0.0 0615 05 clock_sync

もしエラーが記録されている場合はネットワークが原因で同期できていない場合があります。

  • ntpd が起動したときと比べて、IPアドレスが変わってしまった場合。

ということもあるようです。
一度、 ntpd を再起動してください。

同期状態の確認

ntpd の稼働状況は下記のコマンドで確認できます。
*印は完全に同期している状態を表します。

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
+-----.-----.jp  XXX.XXX.XXX.XXX  2 u   24   64   37    4.981   -2.831   4.269
+-----.-----.com XXX.XXX.XXX.XXX  2 u   20   64   37    4.819   -2.800   4.525
 -----.-----.ne  .INIT.          16 u    -   64    0    0.000    0.000   0.000
*XXX-XX-XXX-XXX. .GPS.            1 u   18   64   37   18.733   -2.419   4.068

※ドメインとIPアドレスは伏字にしています。



Last-modified: 2016-08-02 (火) 02:24:44 (633d)