CentOS 7/起動レベル設定


インストール諸設定データーベースWeb(apache)Mailetc
前書き
インストール
SSH(設定変更)
firewalld設定(ファイヤーウォール)
SELinux設定
起動レベル設定
NTP(時刻同期)
パッケージアップデート
リソース割り当て変更
logwatch設定
systemdについて
syslog(journal)について
追加パッケージインストール
MariaDB 5.5
(MySQL代替DB)
MySQL 5.7
Redis
mongoDB
apache 2.4
-httpd.conf
-Virtual Host
-mod_spdy
-mod_fcgid
Postfix 2.10
dovecot 2.2
VirtualBox
samba
Munin
ClamAV
rsyncによるバックアップ
Git
svn
memcached
Fluentd(td-agent)
DNSSSLPHPWeb(nginx)FTP
bind(内向け用)
Unbound
NSD
秘密鍵・証明書作成PHP 5.4
 -php-apc
 -ffmpeg
 -memcached
PHP 5.6
 -php-apcu
 -memcached
PHP 7.0
 -php-apcu
 -memcached
PHP 7.1
 -php-apcu
 -memcached
nginx
-インストール(rpm)
-インストール(ソース)
-Webサーバー設定
-リバースプロキシサーバー設定
-ラウンドロビン設定
vsftpd 3.0.2

前書き

従来の CentOS では /etc/inittab で起動レベル(ランレベル)を指定していました。
CentOS 7 では systemd が採用されたことにより、新しい方法で指定するようになりました。


起動レベル設定

現在の設定を確認します。

# ls -la /lib/systemd/system/default.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 16  7月 30 04:37 /lib/systemd/system/default.target -> graphical.target

シンボリックリンクが貼られており、対象が graphical.target となっているのがわかります。
systemdについて でも記載していますが 従来の ランレベル 5 に相当する指定です。

target名内容ランレベルでの指定番号
(以前までの指定方法)
poweroff.targetシステム停止0
rescue.targetシングルユーザモード1
multi-user.targetマルチユーザモード(CUI)3
graphical.targetマルチユーザ(GUI)5
reboot.target再起動6
emergency.target緊急シェル-

変更する場合は、このシンボリックリンクを貼り替えます。
下記の例は マルチユーザーモード(GUI) から マルチユーザモード(CUI) に変更する場合です。
(従来のランレベル 5 から 3 に変更と同意)

# rm /etc/systemd/system/default.target
# ln -s /usr/lib/systemd/system/'multi-user.target /etc/systemd/system/default.target

設定が完了したら、再起動して希望したランレベルか確認して下さい。




Last-modified: 2015-04-23 (木) 18:03:55 (1158d)