CentOS 7/リソース割り当て変更


インストール諸設定データーベースWeb(apache)Mailetc
前書き
インストール
SSH(設定変更)
firewalld設定(ファイヤーウォール)
SELinux設定
起動レベル設定
NTP(時刻同期)
パッケージアップデート
リソース割り当て変更
logwatch設定
systemdについて
syslog(journal)について
追加パッケージインストール
MariaDB 5.5
(MySQL代替DB)
MySQL 5.7
Redis
mongoDB
apache 2.4
-httpd.conf
-Virtual Host
-mod_spdy
-mod_fcgid
Postfix 2.10
dovecot 2.2
VirtualBox
samba
Munin
ClamAV
rsyncによるバックアップ
Git
svn
memcached
Fluentd(td-agent)
DNSSSLPHPWeb(nginx)FTP
bind(内向け用)
Unbound
NSD
秘密鍵・証明書作成PHP 5.4
 -php-apc
 -ffmpeg
 -memcached
PHP 5.6
 -php-apcu
 -memcached
PHP 7.0
 -php-apcu
 -memcached
PHP 7.1
 -php-apcu
 -memcached
nginx
-インストール(rpm)
-インストール(ソース)
-Webサーバー設定
-リバースプロキシサーバー設定
-ラウンドロビン設定
vsftpd 3.0.2

準備中

リソース割り当て変更

現在のリソース割り当て状況を見ることができます。

# ulimit -a
core file size          (blocks, -c) 0
data seg size           (kbytes, -d) unlimited
scheduling priority             (-e) 0
file size               (blocks, -f) unlimited
pending signals                 (-i) 30189
max locked memory       (kbytes, -l) 64
max memory size         (kbytes, -m) unlimited
open files                      (-n) 1024
pipe size            (512 bytes, -p) 8
POSIX message queues     (bytes, -q) 819200
real-time priority              (-r) 0
stack size              (kbytes, -s) 8192
cpu time               (seconds, -t) unlimited
max user processes              (-u) 30189
virtual memory          (kbytes, -v) unlimited
file locks                      (-x) unlimited
項目リソース名
corecoreファイルのリミットサイズ
data最大データサイズ
fsize最大ファイルサイズ
nofile最大オープンファイル数
rss実行プロセスのメモリサイズ
stack最大スタック数
cpuCPU割り当て時間
maxlogins最大ログイン数


OS 起動のデーモンの場合

apache、 nginx、tomcat など運用する場合など、プロセスが起動できるファイルディスクプリタ(最大オープンファイル数)の制限に引っかかり変更が必要な場合があります。
例えば

  • apache の prefork でプロセスの数を1024以上に設定したい場合
  • apache、nginx 、tomcat で発生する「Too many open files」の対策

など

OS 起動時にデーモンとして起動させるものについては /etc/security/limits.conf への記述が反映されない場合があります。
もともと /etc/security/limits.conf は PAM 認証モジュールに関係しているファイルのため。


以下作成中



Last-modified: 2015-04-23 (木) 18:04:32 (1158d)