CentOS 7/パッケージアップデート


インストール諸設定データーベースWeb(apache)Mailetc
前書き
インストール
SSH(設定変更)
firewalld設定(ファイヤーウォール)
SELinux設定
起動レベル設定
NTP(時刻同期)
パッケージアップデート
リソース割り当て変更
logwatch設定
systemdについて
syslog(journal)について
追加パッケージインストール
MariaDB 5.5
(MySQL代替DB)
MySQL 5.7
Redis
mongoDB
apache 2.4
-httpd.conf
-Virtual Host
-mod_spdy
-mod_fcgid
Postfix 2.10
dovecot 2.2
VirtualBox
samba
Munin
ClamAV
rsyncによるバックアップ
Git
svn
memcached
Fluentd(td-agent)
DNSSSLPHPWeb(nginx)FTP
bind(内向け用)
Unbound
NSD
秘密鍵・証明書作成PHP 5.4
 -php-apc
 -ffmpeg
 -memcached
PHP 5.6
 -php-apcu
 -memcached
PHP 7.0
 -php-apcu
 -memcached
PHP 7.1
 -php-apcu
 -memcached
nginx
-インストール(rpm)
-インストール(ソース)
-Webサーバー設定
-リバースプロキシサーバー設定
-ラウンドロビン設定
vsftpd 3.0.2

事前確認

パッケージアップデートについて、kernel 系 glibc系 のアップデートは注意が必要な場合があります。

  • 特異な構成をしている場合
  • データセンター、もしくはサービスプロバイダから指示がある場合
  • バージョン依存のあるライブラリ、ドライバ系を使用している場合

このような場合、一括アップデートを行わず、個別アップデートを行うか、例外指定を使ってアップデートを行うなどの対応が必要になります。
一度、確認されることをおすすめします。

パッケージアップデート

インストールしたパッケージをアップデートします。
すべてまとめてアップデートする場合は下記のコマンドで行います。
※セキュリティー的にアップデートされたパッケージもあるので問題がない限り行うことをお勧めします。

# yum update

アップデートされるパッケージが表示されます。
その後、アップデートを行うか y/n を聞かれます。
初回アップデート時は RPM-GPG-KEY を取り込むか聞かれまので y を入力してください。


個別にパッケージを指定してアップデートする場合は

# yum update (パッケージ名)

で行います。


再起動

アップデートされたパッケージにもよりますが、システムに関するアップデートが行われた場合は サーバーの再起動を行います。
とくに kernel 系は再起動しないまま運用を続けていると フリーズ(kernel panic) を起こす場合があるようです。



Last-modified: 2015-04-23 (木) 18:04:22 (1158d)