CentOS 6/MySQL 5.1



前書き

ここでは MySQL を RPM のパッケージでインストールする方法を記載します。
ソースファイルからのインストールにつきましては、CentOS 5/MySQL 5.1系 を参照ください。


MySQLのインストール

MySQLがすでにインストールされているか確認します。

# rpm -qa mysql-server
mysql-server-5.1.61-1.el6_2.1.x86_64

このような表示がない場合は下記のコマンドでインストールします。

# yum install mysql-server


my.cnf の編集

MySQLの設定ファイルは /etc/my.cnf で行います。
運用規模に応じて /usr/share/mysql/ に数種類テンプレートが用意されています。
これをコピーして使うこともできます。

設定ファイルの退避

# cp /etc/my.cnf /etc/my.cnf.rpmdefault


# vi /etc/my.cnf

運用形態・メモリの搭載量などに応じて項目を修正してください。
ほとんどの項目がメモリ割り当てなどの数値的な項目になります。

  • バイナリログを記録 [mysqld] のセクション下に追記します。
    log-bin=mysql-bin
  • スロークエリーログを記録 [mysqld] のセクション下に追記します。
    ここでは例として出力先を /var/log/mysql-slow.log にしています。
    log-slow-queries = /var/log/mysql-slow.log


MySQLの自動起動設定

現在の起動状況を確認します。

# chkconfig --list mysqld
mysqld          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

2~5が on になっていない場合は下記のコマンドで on に変更します。

# chkconfig mysqld on


MySQL起動

下記のコマンドで起動します。

# /etc/init.d/mysqld start
MySQL データベースを初期化中:  Installing MySQL system tables...
OK
Filling help tables...
OK
 ・
 ・
 ・
/usr/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'
/usr/bin/mysqladmin -u root -h (サーバー名) password 'new-password'

Alternatively you can run:
/usr/bin/mysql_secure_installation
 ・
 ・
 ・
mysqld を起動中:                                           [  OK  ]

※初回起動時だけこのようなメッセージが表示されます。
初期パスワードの設定を促すメッセージです。
これを行わないと MySQLへ接続するユーザー root が パスワードなしで接続できることになってしまいます。

mysql_secure_installation というQA式のプログラムが用意されていますので、それを利用して初期処理を行います。

# mysql_secure_installation




NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MySQL
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!


In order to log into MySQL to secure it, we'll need the current
password for the root user.  If you've just installed MySQL, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none): (パスワード未設定状態なのでそのままリターン)
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MySQL
root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n] (rootパスワードを設定するのでリターン)
New password: (rootパスワードを入力)
Re-enter new password: (rootパスワードを再入力)
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!



By default, a MySQL installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MySQL without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] (匿名ユーザーを削除するのでリターン)
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] (リモートでrootログインを禁止するのでリターン)
 ... Success!

By default, MySQL comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] (テスト用のデータベース 'test' を削除するのでリターン)
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] (特権テーブルを再読み込みするのでリターン)
 ... Success!

Cleaning up...



All done!  If you've completed all of the above steps, your MySQL
installation should now be secure.

Thanks for using MySQL!

ここまで表示されれば 初期処理終了です。



Last-modified: 2015-04-23 (木) 17:50:49 (1125d)