CentOS 6/インストール




インストールメディアの準備

インストールするためのメディアを用意します。
大手Linux系雑誌などで添付されているDVDメディアが入手できれば問題ありません。
CentOSのサイトから入手する場合、自分の環境にあった種類を選択してください。
※x86(64ビット)版 または i386(32ビット)版

※執筆時点の最新バージョン 6.2

種類ISOイメージファイル名サイズMD5
x86(64ビット)版CentOS-6.2-x86_64-bin-DVD1.iso4319462 KB26fdf8c5a787a674f3219a3554b131ca
^CentOS-6.2-x86_64-bin-DVD2.iso1287078 KBb0b03502875490417c9f8cb9fe8ce6d6
i386(32ビット)版CentOS-6.2-i386-bin-DVD1.iso3727170 KB8c976288ed53dc97439f7ab5854f2648
^CentOS-6.2-i386-bin-DVD2.iso1004060 KB9c0d7d967c950ce794dc74f460281a46

をダウンロードし、DVDメディアへ焼きます。

インストール

添付してある画像はスクリーンショットを撮るため仮想OS(VMware)にインストールしたものになります。
そのため記述とスクリーンショットとの内容が一部違っている箇所もあります。ご了承ください。

DVD立ち上げ、しばらくすると 参照図-1 の画面が表示されます。
GUIなインストーラーを使用する場合は、そのままEnterキーを押します。

1.png
参照図-1


次に 参照図-2 の画面が表示されます。
使用するメディアが正しいものかチェックします。
時間があるなら是非チェックしましょう。

2.png
参照図-2


ここから実際にインストール開始です。
※各自が構築したい内容で設定してください。
※下記に記載する内容は 前書き にも書いた通り、私個人の環境下で運用するための内容になります。

3.png
参照図-3


言語の選択

使用する言語を選択します。

4.png
参照図-4


キーボードの選択

使用するキーボードの種類を選択します。

5.png
参照図-5


ストレージデバイスの選択

使用するストレージ(記録装置)の種類を選択します。
通常は Basic Storage Devices を選択します。

6.png
参照図-6

確認画面(参照図-7)が表示されます。
問題なければ はい をクリックします。

7.png
参照図-7


サーバー名の入力、ネットワークの設定

サーバー名(サーバードメイン名)を入力します。(参照図-8-1)

8-1.png
参照図-8-1

続けてネットワークの設定も行います。
画面左下にある [Configure Network] のボタンをクリックします。
ネットワークのリストが表示されます。(参照図-8-2)
有線で接続されたサーバーでは System eth0 と表示されます。
これを選択し、[編集] ボタンをクリックします。

8-2.png
参照図-8-2


[IPv4のセッティング] のタブを開いてサーバーに割り当てるIPアドレスを入力します。(参照図-8-3)
同時にサーバーが参照するDNSサーバーのIPアドレスも入力します。
家庭内サーバーの場合はルーターのIPアドレス、もしくはプロバイダから割り当てられたDNSサーバーのIPアドレスになります。
(このサーバーから見て上位にあるDNSサーバーを指定します。)
この時、画面上部にある □自動接続する のチェックボックスにチェックを入れておくと起動時に自動でネットワークがつながった状態になります。

8-3.png
参照図-8-3


タイムゾーンの設定

タイムゾーンの設定をします。(参照図-9)
日本国内であれば アジア/東京 を選択してください。

9.png
参照図-9


rootパスワードの設定

rootパスワードを入力します。(参照図-10)
もっとも大事にパスワードになります。
理想としては12文字以上の長さで、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせ英単語などの文字を直接使用するのは避けましょう。
Microsoft パスワードチェッカー
こういうサービスもありますので、設定前に一度確認してみるといいでしょう。

10.png
参照図-10


インストール方法の選択

使用するストレージに対して、どのようにインストールを行うか選択します。(参照図-11-1)
説明をよく読んで、自分の目的に合った選択をしてください。

ここでは 前書き にも書いた通り RAID構成 を行いますので、一番下にある ○ Create Custom Layout を選択します。

11-1.png
参照図-11-1


ここからは RAID構成時 の説明になります。RAID構成を行わない場合は読み飛ばしてください。

  • swap 領域の作成
    物理ストレージの一覧が表示されます。(参照図-11-2)
    swap 用の領域をまず作ります。
    一番目のHDDを選択し [作成] ボタンをクリックします。
    11-2.png
    参照図-11-2

    ストレージを作成 のウィンドウが表示されます。(参照図-11-3)
    ○RAIDパーティション を選択し、[作成する] ボタンをクリックします。
    11-3.png
    参照図-11-3

    パーティションの通知 のウィンドウが表示されます。(参照図-11-4)
    ファイルシステムsoftware RAID を選択し、使用可能なドライブ を 前で選択したのと同じ sda をチェックします。
    次に、swap で使用するサイズを入力します。
    一昔前までは swap のサイズはメモリの1~2倍といわれていましたが、近頃は大容量のメモリを搭載することが増えていますので、実際に運用するサービス等に合わせて設定してください。
    ここでは、4096MByte(4GByte)を入力しています。
    サイズを指定したので、○固定容量 をチェックします。
    基本パーティションにする にもチェックします。
    11-4.png
    参照図-11-4

    次にRAID1にするため、もう1つ同じ要領で sdb にも作成します。
    この状態で 参照図11-7 のようになります。
    現時点ではまだ論理デバイスとして設定は完了していません。
    [作成] ボタンをクリックします。
    11-7.png
    参照図-11-7

    参照図-11-12 のウィンドウが表示されます。
    ここで 作成した2つのRAIDパーティションを RAID1のデバイスをとして設定します。
    ○RAIDデバイス にチェックし [作成する] ボタンをクリックします。
    11-12.png
    参照図-11-12

    RAIDデバイスの作成 のウィンドウが表示されます。(参照図-11-13)
    ファイルシステムタイプ swap を選択します。
    RAIDデバイスmd1 を選択します。
    RAIDレベルRAID1 を選択します。
    RAIDメンバー を 先に作成した2つに チェックをします。
    最後に [OK] ボタンをクリックします。
    これで 論理ドライブ swap の作成が完了です。
    11-13.png
    参照図-11-13
  • / 領域の作成
    swap の作成と同様に行います。
    sda空き を選択した状態で [作成] ボタンをクリックします。
    ストレージを作成 ウィンドウが表示されます。(参照図-11-8)
    ○RAIDパーティション をチェックし [作成する] ボタンをクリックします。
    11-8.png
    参照図-11-8

    パーティションの通知 ウィンドウが表示されます。(参照図-11-9)
    ファイルシステムsoftware RAID を選択し、使用可能なドライブ を 前で選択したのと同じ sda をチェックします。
    次に、/ で使用するサイズは残りすべてを利用しますので、○最大容量まで使用 をチェックします。
    基本パーティションにする にもチェックします。
    11-9.png
    参照図-11-9

    次にRAID1にするため、もう1つ同じ要領で sdb にも作成します。(参照図-11-10、参照図-11-11)
    &ref(): File not found: "11-10.png" at page "CentOS 6/インストール";
    参照図-11-10
    &ref(): File not found: "11-11.png" at page "CentOS 6/インストール";
    参照図-11-11

    [作成] ボタンをクリックします。
    11-7.png
    参照図-11-7

    参照図-11-14 のウィンドウが表示されます。
    ここで 作成した2つのRAIDパーティションを RAID1のデバイスをとして設定します。
    ○RAIDデバイス にチェックし [作成する] ボタンをクリックします。
    11-14.png
    参照図-11-14

    RAIDデバイスの作成 のウィンドウが表示されます。(参照図-11-15)
    マウントポイント / を選択します。
    ファイルシステムタイプ ext4 を選択します。
    RAIDデバイスmd0 を選択します。
    RAIDレベルRAID1 を選択します。
    RAIDメンバー を 先に作成した2つに チェックをします。
    最後に [OK] ボタンをクリックします。
    これで 論理ドライブ / の作成が完了です。
    11-15.png
    参照図-11-15

    ここまでで、論理ドライブとして /swap'' が作成されました。(参照図-11-16)
    11-16.png
    参照図-11-16

  • /home 領域の作成
    /home の領域は 物理デバイスの sdcsdd のすべての領域を使って作成します。
    作成手順は /home を作成したときと同様に ○最大容量まで使用 を指定し、RAIDデバイス作成時に マウントポジション/home を選択し、RAIDデバイスmd2 を選択します。
    この状態ですべての物理ドライブを割り当ててRAIDデバイスとして作成できました。(参照図-11-17)
    11-17.png
    参照図-11-17


  • フォーマット
    [次に] ボタンをクリックすると フォーマットの警告 ウィンドウが表示されます。(参照図-11-18)
    再度、確認し間違いなければ フォーマット ボタンをクリックします。
    なお、ここまでの設定は キャンセル ボタンをクリックし、デバイス選択の画面で リセット ボタンを押せば何度でもやり直すことができます。
    一度フォーマットしてしまうと、戻って設定しなおすことができません。
    再度、インストーラーの初めからやり直す必要があります。
    &ref(): File not found: "11-18.png" at page "CentOS 6/インストール";
    参照図-11-18

    最終確認です。(参照図-11-19)
    &ref(): File not found: "11-19.png" at page "CentOS 6/インストール";
    参照図-11-19

ブートローダーの設定

どのデバイスにブートローダーを組み込むか設定します。(参照図-12)

12.png
参照図-12


インストールパッケージの選択

使用用途に合わせてデフォルトインストールするパッケージを選択します。(参照図-13)
サーバー用途だけであれば、 Basic ServerWeb Server 等を選択します。
わたしの場合、Windows用のPCが調子悪い時など臨時で使うこともあるので、 Desktop を選択しWindowシステム(GNOME)もインストールしています。
他にも個々に追加でパッケージを選択しますので、画面下部にある ○今すぐカスタマイズ にチェックし、[次] ボタンをクリックします。

13.png
参照図-13

ここで選択するパッケージは各自の用途に合わせて選択してください。
開発 の中にある その他の開発サーバープラットフォーム開発開発ツール などは入れておくと、追加でパッケージをインストールしたり、ソースファイルからインストールするときなどに便利です。

個別にパッケージ選択が終わりましたら、[次] ボタンをクリックします。
依存関係チェック のチェックが始まります。(参照図-14)
14.png
参照図-14


インストール開始

依存関係チェックが終わるといよいよインストールが始まります。(参照図-15)
選択したパッケージ数にもよりますが、十分~数十分かかります。

15.png
参照図-15

すべてのパッケージがインストール終了したら、参照図-16 が表示されます。
[再起動] ボタンをクリックし一旦再起動します。

16.png
参照図-16


初期設定

インストールが無事に終了し再起動を行うとようこそ(初期設定)画面が表示されます。(参照図-17)
[進む] ボタンをクリックします。

17.png
参照図-17

ライセンス情報

ライセンス情報 が表示されます。(参照図-18)
ライセンス同意に問題がなければ、 ○はい、ライセンス同意書に同意します をチェックし [進む] ボタンをクリックします。

18.png
参照図-18

ユーザーの作成

root以外にログインするための一般ユーザーを一つ作成します。(参照図-19)
各テキストボックスを入力します。
このパスワードも簡単な英単語や少ない文字数は危険なのでroot同様に入力してください。
ネットワークログイン高度な設定 は必要に応じて設定してください。

19.png
参照図-19

日付と時刻

日付と時刻を設定します。(参照図-20)
NTP(ネットワークによる時刻同期)を使用する場合は □ネットワーク上で日付と時刻を同期化します にチェックを付けてください。
チェックしますと 参照図-21 が表示されます。
デフォルトで3か所のNTPサーバーがリストされています。
個別に追加したい場合は [追加] ボタンをクリックして登録してください。

20.png
参照図-20
21.png
参照図-21

kdump

kdumpの設定を行います。(参照図-22)
多少なりとも物理メモリを消費するため、特に必要のない場合は □kdumpを有効にしますか? のチェックを外し無効化してください。

22.png
参照図-22

有効にした場合は確認のウィンドウが表示されます。(参照図-23)

23.png
参照図-23

[はい] ボタンをクリックすると、kdumpを組み込むため再起動を要求されます。(参照図-24)

24.png
参照図-24


ログイン画面表示

インストール・初期設定も終了するとWindowシステムを選択した場合は 参照図-25 のようなログイン画面が表示されます。

25.png
参照図-25

この状態のままでは、セキュリティー的に危険が含まれています。
次の 諸設定 -> SSH設定変更 を必ず行ってください。




添付ファイル: file25.png 100件 [詳細] file24.png 90件 [詳細] file23.png 80件 [詳細] file22.png 82件 [詳細] file21.png 76件 [詳細] file20.png 96件 [詳細] file19.png 92件 [詳細] file18.png 82件 [詳細] file17.png 96件 [詳細] file16.png 87件 [詳細] file15.png 89件 [詳細] file14.png 84件 [詳細] file13.png 92件 [詳細] file12.png 89件 [詳細] file11-17.png 92件 [詳細] file11-16.png 100件 [詳細] file11-15.png 80件 [詳細] file11-14.png 92件 [詳細] file11-13.png 95件 [詳細] file11-12.png 96件 [詳細] file11-9.png 92件 [詳細] file11-8.png 92件 [詳細] file11-7.png 91件 [詳細] file11-6.png 45件 [詳細] file11-5.png 38件 [詳細] file11-4.png 93件 [詳細] file11-3.png 88件 [詳細] file11-2.png 85件 [詳細] file11-1.png 86件 [詳細] file10.png 97件 [詳細] file9.png 84件 [詳細] file8-3.png 81件 [詳細] file8-2.png 67件 [詳細] file8-1.png 83件 [詳細] file7.png 85件 [詳細] file6.png 90件 [詳細] file5.png 89件 [詳細] file4.png 85件 [詳細] file3.png 84件 [詳細] file2.png 72件 [詳細] file1.png 88件 [詳細]

Last-modified: 2015-04-23 (木) 17:47:19 (1005d)