ストリーミング用ファイルの作成(WMV編)


Windows Mediaでストリーミングファイルを作成・公開

動画エンコードでWindows Media(WMV)を使ってストリーミング配信を行なう方法です。

必要なソフト・ファイル

コンバートツール
Windows Mediaエンコーダー 9

ストリーミングファイルの作成

Windows Mediaエンコーダーをインストールするとアイコンが出来ます。
ダブルクリックで起動させます。

mediaencorder.png

新しいセッションの選択で[ファイルの変換]を選択し、[OK]ボタンを押します。

次に入力元ファイルと出力ファイルを指定し[次へ]のボタンを押します。
録画したファイルであれば、極力元ファイル(mpegなど)が望ましいです。
一度、avi(DivX)に圧縮したファイルなどは2度圧縮するため画像が荒くなることがあります。

mediaencorder2.png

作成するファイルの用途を選択します。
ストリーミング用ですので [Windows Mediaサーバー(ストリーム配信)] を選択し、[次へ]のボタンを押します。

mediaencorder3.png

次に、ビットレートなどを指定します。
ここでは、あくまで近いものを選択するイメージでOKです。
録画した動画などで、解像度を変更せずに元サイズのままであれば [全画面表示ビデオ] を選択すれば、出力ファイルも元ファイルと同じ解像度で出来上がります。

mediaencorder4-1.png

ビットレートについては、解像度640×480、720×480の場合、1M~3Mbpsないとブロックノイズが多発します。
何度か違うビットレートのものを作成し、自分の納得いくビットレートを見つけた方が言いようです。
ここでは表示上1128Kbpsまでしか選択肢にありませんが、最終的にプロパティで調整できますので、暫定的に選択でかまいません。

mediaencorder4-2.png

次に題名、作成者などの情報入力になります。
必須項目ではないので必要な場合は入力しておきます。

mediaencorder5.png

最終確認になります。
ビットレートの再指定など行い必要があるときは、[完了]をクリックしたときに変換を開始する。のチェックを外しておきます。

mediaencorder6.png

[完了]ボタンを押すとエンコード準備が行なわれます。
エンコード準備のため、多少時間がかかります。
その間、ウィンドウが描写途中のまま止まったようになることもありますが、しばらくそのまま待ちます。
前項でチェックを入れたままの方は、自動でエンコードが開始されます。

mediaencorder7.png

ビットレートなど再設定する場合はウィンドウ上部にある [プロパティ] を押します。
[圧縮]のタブをクリックしてビットレートを再指定します。
1128Kbps以上のビットレートを指定する場合 [編集]ボタンを押します。

mediaencorder8-1.png

次に [追加]ボタンを押します。

mediaencorder8-2.png

ビットレートの追加ウィンドウが開きますので、3Mbpsを追加したい場合は、 [ 3M ] を入力します。

mediaencorder8-3.png

下記のように赤×が表示された場合ははじめに指定したビットレートと新しく追加したビットレートの解像度が違うために表示されます。

mediaencorder8-5.png

[ビデオ入力と同じ] にチェックをいれ赤×のアラートを消します。

mediaencorder8-6.png

次に[全般]のタブを開いて設定したビットレートが表示されているのを確認します。
確認ができれば[OK]ボタンで閉じます。

mediaencorder8-7.png

録画したファイルであればノンインターレス化の処理設定が行なえます。
[処理]タブを開いて [ノンインターレス化]を選択します。

mediaencorder9.png

そのほかいろいろな処理指定ができますので、用途に応じて設定してください。
すべて再指定が終わったら [適用] をクリックしてプロパティを閉じます。

[エンコード開始]をクリックして変換が開始されます。

公開の準備

公開する方法は3種類あります。

  • HTMLに直接 wmvファイルのリンクを貼ってMedia Playerを別途起動させて再生する方法
  • <object>タグを使ってブラウザのページ内にMedia Playerを表示させて再生する方法
  • asxファイルに直接アクセスさせてMedia Playerを別途起動させて再生する方法

objectタグを使って再生させる方法は下記のタグを各自必要箇所書き換えてHTML内に記述してください。

<OBJECT ID="Player" width="640" height="480"
  CLASSID="CLSID:6BF52A52-394A-11d3-B153-00C04F79FAA6">
<PARAM name="autoStart" value="False">
<PARAM name="URL" value="http://xxxxxx/xxxxx.asx">
</OBJECT>

asxファイルとはメタファイルのノートパッドなどのテキストエディタで作成します。

<ASX version = "3.0">
  <ABSTRACT>xxxxx.xxx</ABSTRACT> ←----- ヘルプ・説明
  <TITLE>サンプル動画の配信</TITLE> ←----- 表示されるタイトル
  <AUTHOR>動画配信管理人</AUTHOR> ←----- 作者名
  <COPYRIGHT>動画著作権者</COPYRIGHT> ←----- 著作権表示
  <MOREINFO HREF="http://xxxxx.xxx" /> ←----- リンク先
  <ENTRY>
    <REF HREF="sample.wmv" /> ←----- 配信する動画ファイル名
    <BANNER HREF="http://xxxxx.xxx/xxxxx.jpg"> ←----- バナ-画像
      <MOREINFO HREF="http://xxxxx.xxx" /> ←----- バナ-クリック時のリンク先
      <ABSTRACT>ストリーミング配信のテストを行ってみる</ABSTRACT> ←----- バナ-のヘルプ
    </BANNER>
  </ENTRY>
</ASX>

下記のように最小限の記述でも可能です。

<ASX version = "3.0">
  <ENTRY>
    <REF HREF="sample.wmv" />
  </ENTRY>
</ASX>

各自修正した内容を xxxxx.asx として再生するファイル名に関連した名前をつけて保存し、Webサーバーへアップロードします。

ストリーミング再生

Webにアップロードしたasxファイルにブラウザでアクセスしてください。
正常に出来上がっていれば、真っ白のページを表示し自動的にWindows Media Playerが起動されるはずです。

asxファイルのテキストがそのまま表示された場合はWebサーバーの設定が必要になります。
自宅サーバーなどの場合はapacheであれば直接confファイルを修正することで可能になります。
mime.confに付け加える場合

video/x-ms-asf  asf asx

httpd.confに付け加える場合

AddType video/x-ms-asf .asf .asx

これでapacheを再起動すれば可能なはずです。

直接confファイルをいじる権限がない場合は テキストエディタで ファイル名 htaccess という名前のファイルを作り

AddType video/x-ms-asf .asf .asx

と記述してアップロードします。
名前の変更を利用して .htaccess に変えます。
(一部のテキストエディタでは . で始まるファイル名を保存できなかったり、エクスプローラーでファイルが見えなくなるため、このような手順を取ります。)

以上の方法でもだめな場合は .htaccess の利用を許可していないWebサーバーの設定になっている可能性もありますのでサーバー管理者に相談するか素直に諦めましょう。

最後に

Windows Mediaを利用した場合について。
640×480もしくは720×480の解像度でストリーミングを行なう場合、最低でも1Mbpsのビットレートは必要になるでしょう。
ただし1Mbpsでは実写の録画モノ、アニメ系などでも動きの激しいシーンではブロックノイズが目立ちます。

アニメなどでブロックノイズを抑えて上記の解像度で行なう場合、理想としては3Mbpsは欲しいのが実際に試した感想です。
ただし、一般個人で3Mbpsを公開するとなるとかなり回線を圧迫しサーバーへの負荷も相応にかかるためお薦めできません。
解像度を下げるなどしてビットレートを抑えた公開が望ましいかと。

640×480もしくは720×480の解像度で公開にこだわるのであれば DivXを使ったストリーミング をお薦めします。
DivXのストリーミングであれば1Mbpsでもかなり高画質で公開できます。

著作権・肖像権について
テレビで録画したものや映画、音楽などの配信(公開)は著作権・肖像権の違反を犯します。
そのようなファイルの扱いには十分気をつけてください。



添付ファイル: filemediaencorder9.png 127件 [詳細] filemediaencorder8-7.png 124件 [詳細] filemediaencorder8-6.png 115件 [詳細] filemediaencorder8-5.png 124件 [詳細] filemediaencorder8-4.png 60件 [詳細] filemediaencorder8-3.png 122件 [詳細] filemediaencorder8-2.png 129件 [詳細] filemediaencorder8-1.png 127件 [詳細] filemediaencorder7.png 118件 [詳細] filemediaencorder6.png 121件 [詳細] filemediaencorder5.png 119件 [詳細] filemediaencorder4-2.png 192件 [詳細] filemediaencorder4-1.png 194件 [詳細] filemediaencorder3.png 190件 [詳細] filemediaencorder2.png 191件 [詳細] filemediaencorder.png 130件 [詳細]

Last-modified: 2015-04-26 (日) 15:29:55 (1274d)