ストリーミング用ファイルの作成(DivX編)


DivXでストリーミングファイルを作成・公開

動画エンコードで人気のDivXを使ってストリーミング配信を行なう方法です。

必要なソフト・ファイル

コーデック
DivXコーデック Ver.6.2以上(DivX Pro Codec 6.2以上推奨)
コンバートツール
DivX Converter Ver.6.2以上
プラグイン
DivX Web Player

公開する側は最低でも上2つ(DivXコーデック、DivX Converter)は必要です。
閲覧する側は下2つ(デコーダー、Web Playerのプラグイン)が必要になります。

DivX CreateBundle をダウンロードすると必要なファイルが入っています。
ただし15日間のみ無料で利用可能という制限が付いています。
お試しで使って希望に叶うものであればレジスト(課金)しましょう。

  • DivX Community Codec
  • DivX Player and DivX Web Player
  • Free 15-day trial of the DivX Converter and the DivX Converter MPEG-2/DVD Plug-in
  • Free 15-day trial of the DivX Pro Codec

ストリーミングファイルの作成

必要なソフトをインストールするとDivX Converterのアイコンが出来ます。
ダブルクリックで起動させます。

converter.png

元の動画ファイルをここへドラッグします。
録画したファイルであれば、極力元ファイル(mpegなど)が望ましいです。
一度、avi(DivX)に圧縮したファイルなどは2度圧縮するため画像が荒くなることがあります。
ドラッグすると下記のように解析が始まり正常なファイルか判断してくれます。

converter_2.png

解析が終了したら、[VIEW LIST] のボタンを押します。
ドラッグしたファイルのリストが表示されます。

converter_3.png

リスト右端にある [i] をクリックすると変換に対する詳細設定が行なえます。

converter_4.png

解像度やビットレートを指定・変更したい場合はここで行ないます。
設定変更が完了したら [ O K ] ボタンでウィンドウを閉じて、ファイルリストを右上の [ × ] で閉じます。
最後に、 [CONVERT] の箇所をクリックすると変換が始まります。

公開の準備

変換が終わった動画ファイルは拡張子が .divx として保存されています。
これをWebサーバーの特定の箇所へアップロードします。

次に 「Web Player Code Generator」 を使ってHTMLに埋め込むタグを生成します。
Width、Heightについては、実際にできたdivxファイルをDivX Plaayerで再生し、マウスの右クリックで [ファイル情報] を選択してます。

converter_5.png

ファイル情報のウィンドウが表示され赤丸の箇所のサイズを確認します。
実際に出来上がるファイルは自動的にトリミングが行なわれ指定したサイズと異なる場合があるので注意します。

converter_6.png

出来上がったタグをHTMLファイルに張り込んでWebにアップロードすれば準備OKです。

<object classid="clsid:67DABFBF-D0AB-41fa-9C46-CC0F21721616"
    width="720" height="500"
    codebase="http://go.divx.com/plugin/DivXBrowserPlugin.cab">
    <param name="src" value="http://xxxxxxxxxxx/xxxxxx/xxxxx.divx" />
    <param name="bannerEnabled" value="false" />
    <param name="minVersion" value="1.0.0" />
    <embed type="video/divx" src="http://xxxxxxxxxxx/xxxxxx/xxxxx.divx"
        width="720" height="500"
        pluginspage="http://go.divx.com/plugin/download/"
        bannerEnabled="false">
        minVersion="1.0.0">
    </embed>
</object>

ストリーミング再生

公開の準備が整ったので、次に再生するためにDivX Web Playerのプラグインをインストールします。 特にインストールの際に設定や選択する箇所などはありません。

インストールが終了したら先ほどWebにアップロードしたHTMLを表示し、ストリーミングを開始してみてください。
正常に出来上がっていれば、ブラウザ上にプライヤーが表示され動画が再生されるでしょう。

最後に

ストリーミング配信を行なう方法で他にWindows Media(wmv+asx)もあります。
(作成方法については別ページ参照)
現時点でDivX 6.2とWindows Media9を使って同じビットレートで作成したストリーミング動画を比べると、DivXの方がはるかに鮮明な仕上がりになっています。

DivXのストリーミングは専用のプラグインが必要であったり、リリースされたばかりの技術で、正直まだまだこれからに期待って感じも拭いきれませんが、個人で鮮明さを求めたストリーミングを行なうのであればDivXをお勧めします。

著作権・肖像権について
テレビで録画したものや映画、音楽などの配信(公開)は著作権・肖像権の違反を犯します。
そのようなファイルの扱いには十分気をつけてください。



添付ファイル: fileconverter_6.png 110件 [詳細] fileconverter_5.png 106件 [詳細] fileconverter_4.png 117件 [詳細] fileconverter_3.png 123件 [詳細] fileconverter_2.png 115件 [詳細] fileconverter.png 121件 [詳細]

Last-modified: 2015-04-24 (金) 10:46:58 (1276d)